ダーツ@0から入門


ダーツとは


ダーツに必要な道具は、ダーツ3本!!!たったこれだけです。


自宅で練習したい!そんな時でも、必要なのはダーツボードと二畳ほどのスペースだけ。一般的なスポーツと違い、筋力や持久力はほとんど必要ありません。


ダーツは性別や年齢を問わず、身障者の方でも健常者と対等に競うことができる生涯スポーツです。


基本的にはボードに向かって3本のダーツを投げるだけ。ルールとしてはシンプルですが、単にボードの中心(ブル)を狙えばいいというものではなくて、ゲームの種類によって狙う得点エリアが違ってきます。


戦局に応じてゲームを組み立てたり、相手にプレシャーをかけるような攻め方をしてみたりと、戦略的の要素もあります。ゴルフやビリヤードのようにメンタルスポーツだと言われています。


ダーツは見かけの静的さにくらべて、プレッシャーと闘いながら、持てる力を駆使してイメージ通りのゲームができたとき、計り知れない達成感を味わうことができます。


ダーツには、ハード(スティールティップ)とソフト(ソフトティップ)の2種類のタイプがあります。ハードは、ダーツの先端が金属製のスティールティップが使用されていて、ブリッスルボードと呼ばれる麻を圧縮したボードが使用されます。 一方、ソフトは、ダーツの先端がプラスティック製のソフトティップ使用して、無数の穴のあいたプラスティック製のボードが使用されています。


現在日本ではソフトが主に楽しまれていて、ソフトティップダーツマシンといわれるもので、コンピュータがゲームスコアが自動的に計算、モニターに映しだされます。いくつものゲームが搭載されているので初心者の方でも気軽に楽しむことができます。ハードは自分でスコア計算をしながら戦略を組み立てていくという部分で少し上級者に向きになります。


ダーツ入門知識

はじめてのダーツ
ダーツとは
ダーツの歴史
ダーツバー
ダーツの道具
ダーツのマナー

TOPページへ

車売るなら.